2017.09.13

あやめ十八番『三英花 煙夕空』

あやめ十八番『三英花 煙夕空』
日程
<東京>2017年9月26日(火)~10月1日(日) <大阪>2017年10月7日(土)~10月9日(月・祝)
会場
<東京>平櫛田中邸 <大阪>シアトリカル慶典院
チケット料金
<東京>一般前売(振込)2500円  一般前売(当日精算)2800円  当日券(当日精算)3000円※その他各種割引あり <大阪>一般前売(振込)2500円 一般前売(当日精算)2800円 当日券(当日精算)3000円※その他各種割引あり
  • 非日常の世界へ誘う伝統の和空間
  • 男を殺したのは?謎めくミステリー
  • 疑惑渦巻く曲者揃いのキャラクター
  • 思わず聞き惚れる、練り込まれた台詞術
  • 実力派同士がぶつかる極上の演技バトル
  • 原点回帰にして新境地の開拓

谷賢一も絶賛した『ダズリング=デビュタント』の衝撃から5ヶ月。今、最も新作が待ち望まれる劇作家・堀越涼が、新たな作品を世に送り出す。第九回公演『三英花 煙夕空』は、ある一人の男の死をめぐるサスペンス。それを堀越らしい一風変わった切り口と、珠玉の台詞で紡ぎ出していく。しかも、今回はあやめ十八番初の東京・大阪の二都市ツアー。さらなる飛躍を期す一作となりそうだ。

ストーリー

骨董商・尼子鬼平は眼が見えぬ。故に、彼は惑わない。

贋作家たちの緻密な細工も、精巧な色遣いも、尼子は見ようとしなかった。

“真贋は釉薬の下に潜んでいる。”

若い尼子は既に、骨董の真理に迫っていた。

 

或る夜、尼子の師・織部雨左衛門が自室で殺害される。

容疑をかけられたのは、雨左衛門の妻・やゑ。妻は、犯行を認めている。

尼子は、やゑを見ようとしなかった。

一人、釉薬の下に隠された真贋を見極めようとしている。

 

 

黄昏時、尼子は事件の目撃者たちを集め、話を聞くことにした。

 

証言台に上ったのは、日本刀、壺、幽霊絵。

見どころ

これぞあやめ十八番。待望の新作は、原点回帰の和物芝居。

インドの神々の因果と欲望を描いた『霓裳羽衣』、西洋劇『ダズリング=デビュタント』と意欲的に新境地を切り開いてきたあやめ十八番が、ここに来て久々に真骨頂である和物芝居へと回帰する。主人公は骨董商。目利きの力が試される骨董商が盲目、という設定に堀越涼のセンスが光る。目撃者のいない殺人事件。真実を知っているのは、犯行現場に置かれていた3つの骨董品だけ。果たして主人公は物言わぬ3つの骨董品からどんな声を聞くのか。異色の本格サスペンスの舞台は仕立てられた。

こんな上手い俳優がいるのかとおののく舞台にしたい。あやめ十八番史上最高級のキャストが集結。

本作は、あやめ十八番としては、ひとり芝居を除いて、最少人数となる四人芝居。張りつめた一本の糸のような、緊張感溢れる会話が見どころとなる。こうした上質の会話劇を成立させるには、戯曲の完成度もさることながら、俳優力が物を言う。そんなハードルに応えるように、堀越が今回集めたのは、自ら「選りすぐり」と胸を張る実力派キャスト陣。今や堀越作品には欠かせない存在となったオペラシアターこんにゃく座の島田大翼(※東京公演のみ)。そして、堀越が「年齢を重ねて、今まさに旬になってきた」と太鼓判を押す村上誠基。「僕の最高傑作」と絶大な信頼を寄せる金子侑加。「若手女優では他の追随を許さない」と称賛する小口ふみかが顔を揃えた。手練れの精鋭たちによるハイレベルな演技合戦に陶酔したい。

東京の会場は、古民家。そして、あやめ十八番の名は大阪へ。

堀越は本作の世界観をより鮮やかに浮き上がらせるために、様々なチャレンジを試みた。そのひとつが、会場だ。東京公演の会場は、平櫛田中邸。熱心な小劇場ファンでも聞き覚えのない名前だろう。それもそのはず、この平櫛田中邸は、1872生まれの彫刻家・平櫛田中の旧居宅。谷中霊園のほとりに佇む趣溢れる古民家で、あやめ十八番の幕が上がる。非劇場での公演は、あやめ十八番にとって初めて。劇場ではない空間を、どう堀越が演出するのか。ファンならずとも気になるところだ。

また、初の大阪公演も敢行。大阪の演劇ファンにとっては、堀越涼もあやめ十八番の名もそれほど知られるところではないのが現状だ。それが、1ヶ月後にはどう変わっているか。関西の観劇家のみなさまはぜひ10月の3連休のスケジュールを今から空けておいてほしい。

公演詳細

■作・演出

堀越涼

■出演

金子侑加(あやめ十八番)/村上誠基/小口ふみか/島田大翼(オペラシアターこんにゃく座)※東京公演のみ/堀越涼(あやめ十八番)※大阪公演のみ出演

 

東京公演

■日程

2017年9月26日(火)~10月1日(日)

■会場

平櫛田中邸 ※JR山手線/京浜東北線「鶯谷駅」北口より徒歩7分

■チケット料金

<一般前売(振込)>2500円

<一般前売(当日精算)>2800円

<当日券(当日精算)>3000円

<学生割引(当日精算のみ)>2000円

<高校生以下(当日精算のみ)>1000円

<障害者割引(振込/当日精算)>1000円

※各種割引に関してはそれぞれ証明書を受付時にご提示ください。

 

 

大阪公演

■日程

2017年10月7日(土)~10月9日(月・祝)

■会場

シアトリカル慶典院 ※地下鉄堺筋線・近鉄線「日本橋駅」8番出口より徒歩7分

■チケット料金

<一般前売(振込)>2500円

<一般前売(当日精算)>2800円

<当日券(当日精算)>3000円

<学生割引(当日精算のみ)>2000円

<高校生以下(当日精算のみ)>1000円

<障害者割引(振込/当日精算)>1000円

<慶典院寺町倶楽部会員>1000円

チケットの購入はこちら